無資格者のための介護職員初任者研修とは

無資格から有資格へステップアップ!

目指せ!脱無資格

目指せ!脱無資格「無資格から有資格へステップアップ!」では無資格でも働ける介護業界についてピックアップしています!無資格から有資格者になるためには?介護業界に転職するには?などご紹介しています。お問い合わせはこちらまで。

未経験者におすすめの介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは何か?

介護職員初任者研修とは、在宅や施設を問わず介護についての最低限の知識と技術や介護を行うことの考え方、基本的な介護業務を実践出来るようになることが目的の研修です。介護業務とは基本的には自分で日常生活を送ることが困難な高齢者、障害者を支援することです。入浴の介助、食事のお手伝い、排泄などの身体的介助、掃除、洗濯、買い物、調理などの業務なります。老人ホームやデイサービスなどの施設で働いている人が受講する研修です。自宅で介護をする人にとっても勉強になるので、研修を受講して資格を取得する人も増えています。介護職員不足を解消するために介護人材の定着を目的として2013年度から開始されました。

未経験者におすすめの介護職員初任者研修

初任者研修と実務研修

介護職員初任者研修を受講するにあたり特別な受講資格はいりません。どなたでも受講することが出来ます。内容は講義と実技で構成されていて、介護に必要な知識を勉強します。実習では実際に体を動かして介護技術を学びます。無資格や未経験で受講することが出来る研修として実務者研修があります。実務者研修とは介護職員初任者研修で学んだ基礎知識を理解した上で、より実践的なスキルを学ぶ研修です。ですから実務を経験してから実務研修を受講する方が学べる効果は高くなると思います。初任者研修を受講してから実務研修を受講すると受講科目の一部が免除となり450時間以上の講義研修のうち130時間が短縮されますので便利です。実務経験がない人は初任者研修から受講する方が良いでしょう。また、受講者の負担を軽減することを目的として、通信形式で受講することも出来ますから、時間のない方にはおすすめです。

キャリアアップ出来る

介護職員初任者研修を修了すると各施設でヘルパーとして勤務することや、高齢者や障害者の家庭に訪問して、訪問へルパーとして働くことが一般的です。派遣会社に登録をしてパートタイマーで働くことも出来ます。そして実務経験を積み、キャリアアップすることも可能です。介護福祉士を受験する場合は実務者研修を受講することが必須になっていますが、科目免除や受講料も抑えられるので挑戦してみて下さい。

介護職員初任者研修の利点

介護職員初任者研修を修了すると資格を取ることが出来ます。資格があるのとないのでは給料の面で差がありますから資格取得をおすすめします。介護における最終的な目標は高齢者や障害者の自立を目指すことです。住み慣れた家で暮らすこと、一人では困難であったことが出来るようになるために介護職員はなくてはならない存在ですし、介護職員のやりがいや喜びです。

資格取得を目指す人は要チェック

おすすめのサイト記事

おすすめの関連ニュース