実務経験を積んで正社員に挑戦し介護業界で働こう

無資格から有資格へステップアップ!

目指せ!脱無資格

目指せ!脱無資格「無資格から有資格へステップアップ!」では無資格でも働ける介護業界についてピックアップしています!無資格から有資格者になるためには?介護業界に転職するには?などご紹介しています。お問い合わせはこちらまで。

正社員だって目指せる!

経験がなくても出来る仕事なのか

今現在、介護の仕事は人材が不足していると言われています。主な原因としてあげられるのは高齢化が進み、慢性的な人材不足になっていることです。知人や友人が介護職をされていて、どんな仕事なのか興味を持ったことはありませんか?色々な疑問があると思いますが、ある程度共通した疑問をご紹介すると、未経験でも働くことが出来るのか?現在、資格はないけど働けるのか?介護業界内での転職の際に資格は必要か?などがあると思います。このような疑問について、どのような現状なのかをご紹介します。

正社員だって目指せる!

無資格でも働ける介護の仕事とは?

介護福祉士や介護支援専門員は国家資格ですが、これらの資格は実務経験を経て試験に合格した後に資格者になりますから、最初は無資格、未経験の人が大多数です。福祉系の学校に通い資格を取得することは出来ますが、人材が足りない介護業界では学校からの就職とは限らず、介護職員初任者研修を経て就職、または、就職をされてから介護職員初任者研修を受ける方が多いです。無資格で働ける範囲は介護施設や利用者の自宅での生活援助、介護施設と利用者宅の送迎、介護施設での身体介助などがあります。これらが無資格で働くことが出来る範囲ですが、実務経験を積んで行けば資格を取得し正社員も目指すことが出来るでしょう。

必要とされている介護業界

有資格者はもちろんですが給料や待遇を重視します。そのため就職先や転職先の選定に慎重になりますから、より良い条件が出せない施設では人材を確保することが難しくなっています。そのため、未経験であっても入社をしてもらい実務経験を積んでもらい資格の取得をサポートしてくれる施設もあります。深刻な人材不足になっている介護業界ですから、未経験であっても受け入れてくれる施設がかなり多くなって来ています。未経験でも人材が欲しい、このような施設は介護を始めたばかりの人にも親切に仕事を教えてくれるようです。
他業界のキャリアも介護業界で活かせる可能性があります。サービス業であればコミュニケーション能力や接客能力、製造業や食品業界であれば衛生面に特化していますので介護では大きく役に立つでしょう。医療分野であれば国家資格があり実務経験があれば介護支援専門員などの受験資格もありますから正社員になることも出来る可能性があります。無資格、未経験でも正社員の求人はあるのです。他業界の経験を活かせる可能性もあります。やる気さえあれば介護の仕事に就ける可能性はあります。

資格取得を目指す人は要チェック

おすすめのサイト記事

おすすめの関連ニュース